最近みたNetflix「パラサイト」「ルシファー」「モナルカ」を観てつらつら思うこと。

あ、最初に書いておきますが、あまり、Netflixの内容は書いてないです。

批評でもしようかなと思ったけど、そんな才能もなくw


後らばせながら、「パラサイト」を観ました。

結構、期待感MAXで観てしまったからか、へぇ、面白いねって感じの感想となってしまったけど。

あんなこと現実にはかなり起きないよね、笑

一家で、パラサイトなんて・・・・。

あの子供をどうやって手なづけたのかも気になる、笑

お金持ちはお金持ちだから純粋・・・ていうの、すごいわかるな~。あの奥様はほんとそんな感じ。

しかし、あの半地下の生活っていうのはすごいですね・・・・。

本当に韓国ではあるみたいだし。なかなか過酷・・・・。

経済格差…切ないね。頭はよくても経済力ないから進学できないなんて日本でもあることだけど。

結局、東大に入っている人の世帯年収が高いとかあるしね。

教育にコストをかけられるってことだし。もちろん、コストをかけなくて東大に行けちゃう人もいるけど。うらやましい限り!

うちの会社には東大・京大・東工大・阪大・・・とか公務員的な感じで学歴がたか~い人々の集まりだけど、その人たち、もちろん、努力をしていないことはないだろうけど、きっとたいして努力しない、地頭がいい人たちなんだと思います。

うん、いや、中には「????」な人もいるけど、頭のいい人達と仕事をするととっても楽、ですね。

一を言ったら十わかってくれる的な・・・・。

「パラサイト」のお国の韓国は日本以上に学歴社会というけれども、地頭がいいのが一番だなと思ってしまうけど、それだけでは社会ではなかなか認められにくいのもあるよね、日本でも・・・。

そもそもゲートから閉じられちゃうとか・・・・開けられてもそこからまたゲートがある、みたいな。

お給料も違うし。高卒、大卒、院卒とかでも。あぁ、行けるものなら理系に行きたかった!

勉強しているように見られなかった私ですが、結構、私は頑張ったんだけど、地頭がよくないので、東大なんぞいけるわけもなく💦

壊滅的に「算数」ができないので、国公立なんて最初から眼中なくw

親よ、すまぬ!という感じ。

まぁ、うちは放任主義だったので、勉強せよ、とは言われませんで。

大学くらいは行かせてやりたいという感じで、行ったら~?ぐらいの家庭だったし、むしろ中学生くらいは、姉より私の方が四年制大学なんて考えておらず・・・だったのよね~。のほほんとした中学生で。

神奈川県出身の人は知っていると思いますが、あれ、でももう今はなくなったのかな?

当時は、神奈川県は中学校2年生で、「ア・テスト」というのがあり、それが20%くらい?を進学に占める割合だった制度があり。

まぁ、たいして勉強もしなかったからとびぬけてよいわけではない成績で、中学校3年生を迎え・・・。

そうしたら、新しいクラスで仲良くなった二人の親御さんがいわゆる「教育ママ」な家庭で県一の〇〇高校を目指している、で、実際頭もよくて、へ~って感じで。

彼女たちと仲良かったから、そんな話を聞いていると「あれ、そうなんだ、勉強した方がいいのかな?」と思い、つられて勉強したんですよね~。

いや~、ほんと、感謝。

彼女たちがいなかったら、本当に、今、ここにいない。

どこの大学に行くかを意識して高校も選んだし。

人との出会いって大きいよね。

そんな感謝をいつか彼女たちに伝えよう、と思っていたら、その内の一人が亡くなってしまい・・・小さい子供を残して乳がんで・・・・・。

言う前に逝かないでよ!って感じでした・・・。

彼女のお葬式で、もう一人の友人に初めて伝え・・・。

今、コロナで人となかかな会えなくなってしまったこの状況を考えると本当にできる時に、やった方がいいなとつくづく思います。

それが、人に伝えることだったり、やりたいなってちょっとだけでも思っていたりとか些細なこととか・・・。

コロナで知っている人がいつどうなるかわからないし、自分もそうだし・・・人とあまり連絡を取らない、筆不精な私だけど、改めないと・・・と思う今日この頃・・・・。

「パラサイト」と全然関係ないけどw

パラサイトして生きていきたいと思う今日この頃・・・最近の仕事は興味がなく、まったくやる気にもなれず、まぁ、能力もないんだけど、結構、つらいので妄想癖が激しい・・・・。

続いて、「ルシファー」

なかなか面白いドラマです。

最初は俳優のビジュアルから入ってしまったところはあるんだけども。

あと、昔の知人が西麻布で「ルシファー」というバーをやっており。いや、まだあるんだと思うけど・・・あ、まだあった。

イケメンなマスターがいますよ。遊び人だけど、笑

ちなみにブリティッシュ❤

大変スタイルよく、顔が濃くて私好み、笑

トム・エリスという方らしい。

アイキャッチ画像は海外ドラマNAVI編集部のサイトからお借りしました。

女優さんもかわいいのよね!

タイプです、笑

詳しく書いている方がいるのでそちらのブログを紹介させていただきます。

ストーリーは「ときめきトゥナイト」的な魔界の話というのがこの年代の私にはツボで、笑

真壁君!!!蘭世!!

昭和です、ハイ。

ちょっとストーリーは違うけど、魔界のお話です。

もうね、少女漫画の世界なんですよね~~~。

「愛の不時着」とかもそうだけど。

「愛の不時着」ほど、ベタではなく、でも、女子的には、いいところ抑えている~っていうイメージ。

「ルシファー」はお勉強にもなります。

聖書とかに疎いので、観ながら登場人物っていうか天使とか魔物とかの名前を調べて、へぇ~~~!的な楽しみもあり、天界に少し詳しくなった、笑

カインとアベルとか、リリスとか・・・・。

シーズン6かな?今、配信待ち状態で、もうすぐのようなのでとっても楽しみ!

続いて、「MONARCA」というメキシコが舞台のドラマ。

大富豪の家族の権力争い的な。

なんか、やたらファミリア-、ファミリア(家族)っていうけど、ドロドロやん、的な・・・「ファミリア」ってなんやねん!っていう感じになる。

うーん、なんか思うんだけど、「家族」、「家族」っていうけど、言わないと不安になるから「家族」って言っているだけでは!?的な・・・・。

自分を守るための武器として「家族」という言葉を使っている、みたいな・・・。

その言葉、意味あるんかね?みたいな家族間での権謀術数の嵐・・・・。

うーん、家族って何?だな。

まぁ、どこの家庭でも何らかの問題はあるんだろうけど、やっぱり「お金」が絡むとね、人は影響されるよね・・・・。

それに加えて、このドラマの主人公たちは、なんだろう、「権力欲」なのかな?

まぁ、ドラマとしてはテンポもよいし、伏線ももろもろあり、メキシコという社会のお勉強になるような。

ドラマだからなのか、現実なのかという判断はつかないが、でもメキシコあるあるなんだろうなっていう感じ?

メキシコってやっぱり怖いわよね・・・と思いながら観ています。日本に生まれてよかった、みたいな。

「MONARCA(モナルカ)」の意味を調べたら「君主」という意味でした。

「君主」ね~。エンペラー、キング・・・・最高位を表す表現は各種あるけど、なんで、違うんだろうね。誰が作ったのかしら・・・・皇帝、王・・・。

そういえば、この間、久しぶりに「グラディエーター」を観たな。ラッセル・クロウ、かっこよかった。

その昔、ケビン・コスナーも好きだったけど、最近、聞かないなぁ。何をされているのかしら・・・あ、でも何かの映画で、あれ!?これはケビン・コスナーか!?と驚いたことあったな。なんの映画だったか・・・。

昔は現実逃避で映画ばかり観ていたけど、最近はコロナだから、観るっていう感じだけど、最近はさらに現実逃避したいから観るみたいな気持ちが増えてきたな・・・。

しかし、最近はいい時代だよね。レンタルビデオとか懐かしい・・・・。

TSUTAYAが幅を利かせていたころと今じゃ、雲泥の差。

そりゃ、スマホ中毒にもなるよね~💧私なんてすごかったかも・・・。

・・・なので、今の子はいいなと思う反面、そうじゃなくてよかったなとも思う。

観続けて勉強しなそうw

動画だけじゃないし、SNSとかもそのころだったらすっごいやってるかもね。

その世代じゃないから

やっぱり「リアル」が好きだな。

手紙、電話、メール、SNS・・・と人に思いを伝えるツールは選択肢が増えて変化はあるけど、「実際に」とか「直に」とか、「リアル」がなくなるというのはどうなってしまうんだろう。

霊長類は、視覚で感じるので、目が長くなったということがあるらしい。それが今みたいにオンラインだとそれがないパターンもあるわけで・・・・。人と分かり合うことが難しくなる時代になる、としたら、

人間は次に何が進化するんだろう・・・聴覚????

時代と言えば、時代なんだけど、やっぱり「肌感」というのを感じた付き合い方がいいな~。でもこれも「古い人」「過去の常識から逃れられない」ということなんだよね。

今の20代の人とは感覚が違うし、理解できなく、彼らにとってすごく奇異な発言をしてしまうかも。

「時の人」の発言で今、ニュースになっているけど、そんな感じ!?

ただ、あれはちょーーーっと、発言が切り取られすぎだと思いますけどね、個人的には・・・。

これから人類には何が変わって何が残るのかな。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキング参加してます。

↓↓↓ぽちっとしていただけると励みになりますm(__)m 

よろしくお願いします♪

にほんブログ村 経営ブログ 女性社長へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です